ルーレット速報

ルーレット速報はグラビアアイドルや今可愛い子の画像や動画など芸能ネタの2chまとめサイトです。芸能、経済、スポーツ、ゲームなど最新のエンタメ情報をお届けするニュースまとめサイト。

    マクドナルド

    1:2015/06/06(土) 20:45:52.41 ID:
    あまり知られていないが、マクドナルドのハンバーガーは無料で具を増量できる。つまり具の大盛りが可能なのである。 増量できるのは、オニオン、ケチャップ、マスタード、ピクルスなど。レタスは増量できないので注意しよう。

    ・増量したハンバーガーを見比べてみた
    レジで会計時に「ピクルス増量で」「具を全部増量で」と伝えるだけで、好みの具を増量してもらえる。もともと入っていない具は増量できない。今回、試しにハンバーガーを注文して、普通のハンバーガーと、増量したハンバーガーを見比べてみた。

    ・ピクルスは1枚が2枚に増量!!
    普通のハンバーガーは、今までどおりの量だった。ピクルスは1枚で、少量のオニオンとケチャップ、マスタードがかかっている。増量したほうは、目視で確認できるほどケチャップとピクルスが増量されていた。特にピクルスは1枚が2枚に増量されているので確認しやすい。

    ・パワフルな増量の味!!
    ガッツリ系のディープな味を楽しみたい人は、ハンバーガーの増量を強く推奨する。いつもの味もいいが、「パワフルな増量の味」もなかなかである。ちなみに、クォーターパウンダーで増量をお願いすると、よりボリュームのある「増量」が楽しめるという。

    http://buzz-plus.com/article/2015/06/06/mcdonalds-1up/

     

    16:2015/06/06(土) 20:50:42.25 ID:
    初耳だった

    【【衝撃】マクドナルドのハンバーガーには無料で大盛りにできる裏技がwwwww】の続きを読む

    1:2015/05/08(金) 14:18:55.54 ID:

    http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/07/mcdonald-create-your-taste_n_7229866.html

    オーストラリアにある「マクドナルド」の店舗が、凄いと話題だ。店の雰囲気やメニューの選び方、 そして、ハンバーガーのつくられ方まで違うのだという。
    どれくらい違うのか?まずはできあがった、ハンバーガーを見てほしい



    これは、「Create Your Taste(CYT)」と呼ばれるハンバーガーカスタマイズサービスを提供するオーストラリアの店舗で、実際 に提供しているハンバーガーだ。CYTでは顧客の好みに合わせて、バンズや中身のトッピングを変えられるようになっている。 店に入ると、待ち受けているのはレジではなく、タッチパネル式の大きな注文画面だ。指示に従って画面にタッチし、注文する


    注文を受けると、顧客からみえるキッチンスペースで、店員らが調理。


    できあがったものが運ばれてくる。


    試食品を配ることもあるという。
    さあ召し上がれ!



    朝食メニューはこんな感じ。

    気になるお値段は。こちらの内容だと…
    約1000円。「全部のせ」だと約3000円になるという。

    ブルームバーグによると、オーストラリアでは2014年末にCYTサービスを開始。 現在約300の店舗がCYTサービスを導入済みで、7月までに940の店舗に拡大するという。 CYTはオーストラリア以外でも、アメリカやシンガポールなどに一部店舗が存在する。 しかし、CYT導入には1店舗あたり10万ドル(約1200万円)超の初期投資を要し、 ドライブスルーでは利用できないことなどから、CYTの簡略版「Taste Crafted」サービスが試験的に展開されている。 こちらは、「パテかクリスピーチキン」、「パンの種類」、そして「トッピングの組み合わせ3パターン」を組み合わせるというものだ。

    ?7
    6:2015/05/08(金) 14:21:37.99 ID:
    DIY風で高級化してんだ
    7:2015/05/08(金) 14:22:06.94 ID:
    量もアメリカと日本では雲泥の差だからな
    もちろんデカイのはアメリカのほうやで
    【オーストラリアと日本のマクドナルドが違いすぎると話題に】の続きを読む

    *都市伝説
     
    近代あるいは現代に広がった、根拠が不明かつ曖昧な噂話の総称。
    1980年代初頭にアメリカの民俗学者ジャン・ハロルド・ブルンヴァンが提唱し、英語では「urban legend(アーバンレジェンド)」と言う。
    起源や根拠が不明で噂話に面白く尾ひれをつけた場合が多く基本的に話の発祥が不確定。都市伝説の都市とは都会という意味ではなく「都市化以降」=「現代」という時間範囲を指定したもので、田舎では成立しないということではない。


    1
    :2015/05/06(水) 23:42:44.91 ID:

    1. カレーライスを売っていたことがある
    本当です。1991~1992年にかけて、カレーライスやカツカレーを販売していました。

    2. ドリンクにはLより大きいジャンボサイズがある
    本当です。店舗限定、期間限定になりますが、一部の店舗でジャンボサイズのドリンクを販売しています。

    3. ミミズをソースに使用していたことがある
    嘘です。かなり昔からマクドナルドの都市伝説として語られ続けているミミズソースの噂。ケチャップのかわりにミミズをつぶしたソースを使用しているとの噂もありましたが、 すべて嘘です。ちなみに、ミミズでソースを作ったほうがコストが上がるそうで、何の得にもなりません。

    4. フライドポテトを「おいも」と表記している店舗があった

    5. ドナルドの本名はロナルド

    6. チャーハンを売っていたことがある

    7. 海外には侍バーガーや将軍バーガーがある
    本当です。日本のてりやきバーガーが、海外では名を変えて売られているのです。タイでは侍バーガー、香港では将軍バーガー。

    8. ハンバーガーが59円だったことがある
    本当です。とにかく安く売ってお客さんに来てもらおう! ということでハンバーガーが59円で売られていた時期がありました。

    9. ドナルドがカーネルサンダースを殺害したことがある
    嘘です。インターネットの動画サイトや画像サイトに、ドナルドとケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダースが戦っている作品が多数掲載されています。しかしどれも非公式なものであり、偽者ですので信じないようにしてください。

    10. コーラはコカコーラ社から無償提供されてる
    嘘です。これはいまだに信じている人もいるようですが、マクドナルドはしっかりコカコーラ社に対価を払っています。マクドナルドは全国にたくさんの店舗があり、無償提供できるほど小規模ではありません。

    http://buzz-plus.com/article/2015/05/06/mcdonalds-legend/
     
    2:2015/05/06(水) 23:44:51.52 ID:
    ふう。
    【【都市伝説】 衝撃!?マクドナルドの都市伝説9選】の続きを読む

    このページのトップヘ